December 23, 2009

東京月光魔曲3

「活気と猥雑さに満ち溢れた震災後の昭和初期、モダン都市東京を舞台に、かの谷崎潤一郎氏も平伏すエロティシズム、名匠海野十三氏も驚愕する奇天烈さで描く、姉弟と探偵の胸躍る心理活劇!と銘打ち、日常と非日常、現実と非現実の相反した状態が同時に表すマジックリアリズムの世界を、KERA流のスパイスの効いたアレンジで祝祭的に鮮やかに描きだす。」(シアターコクーンHPより)

HPには「昭和初期三部作の第一弾!」
とあるが、この他にも2つくるんだろうか?

とりあえず、感想としてはなんとなく「カメレオンズ・リップ」と同じ匂い。
昭和初期の活気と古臭さと、それに翻弄される人々の話、かな。
出てくる俳優たちが名優ぞろい、しかもそれぞれにそれぞれのストーリーがあって、どれがどう絡んでくるのか分かるまでが大変だった。
そんなに覚えてられないよ!と。
ところどころケラさん独特の台詞回しとか、ナンセンスさを出しつつもやっぱりシアターコクーンらしいというか、なんか無難にまとめちゃった印象。
本多でやったらもっとグダグダにしてくれそうなのになー。
そこがプロデュース公演の難しいところなのかな。

役者としては、やっぱり山崎一が良かったなー。
「カラフルメリィでおはよ」がものすごく好きなんだけど、それを彷彿とさせるような演技もあって、やっぱり上手いなぁと実感。
それから、橋本さとしがやぼったい探偵を熱演。
見た目渋くてかっこいいのに、ボケボケな感じがまた上手い。
コメディもいけちゃう役者さんだから好きだな。

上演時間3時間半。19:00~22:30。

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
出 演 瑛太、松雪泰子/橋本さとし
大倉孝二、犬山イヌコ、大鷹明良、
長谷川朝晴、西原亜希、林和義
長田奈麻、赤堀雅秋、市川訓睦、
吉本菜穂子、植木夏十、岩井秀人、長谷川寧
/桜乃まゆこ、嶌村緒里江、森 加織、吉沢響子、渡邊夏樹/
伊藤 蘭/山崎 一、ユースケ・サンタマリア
公演日程 2009年12月15日(火)〜2010年1月10日(日)
場所 シアターコクーン

以下ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

December 10, 2009

おしゃべりなレストラン〜ア・ラ・カルト リニューアルオープン 準備中〜3

2003年のアラカルト以来、実に6年ぶりにアラカルトを見に行ってきました。
ちなみに私の6年前のアラカルトの記憶はというと、

・休憩時間に無料でシャンパンを飲んだ。
・白井晃がNHKの新撰組で「清河八郎をやる」と発表、思わず「ぴったり!」と大声を出し、出演者から注目された。
(そういえば高泉淳子が「ちゃんと白井くんの天然パーマに合わせて、ヅラもテンパなのよねー」と言っていた。)
・高泉淳子と白井晃の2人芝居が素敵だった。
(女(高泉)が振られる度に男(白井)を誘ってこのレストランに食事に来るという話。あきらかに男は女が好きだし、いい雰囲気だったけどくっつかないで終わる。)
・なんかおしゃれな舞台だった。

人の記憶力なんてこんなもんです…。
ただ、本当に素敵な舞台だったので毎年のルーティンにしてる人はいるだろうなって思いました。
確か毎年続いているお話のようなものもあったので、今年も1年頑張った自分へのごほうびに見に来て、今年もいい年だったなって1年を終えられれば素敵だなぁって。


で、私はかなり久しぶりのアラカルトだったわけですが、考えてみたら、高泉淳子を見るのも遊機械解散以来初めてだったかも。
って思って調べてみたら、「エレファント・バニッシュ」を観に行ってました。
でも全く覚えてないー。
吹越満すげーって感想だけは覚えてるんですが、何がすごかったのかさえ覚えていません。
あぁ、誰か私に記憶力を下さい…。


とりあえず感想へ。

なんかすごい遊機械を見たくなりました。
ところどころに高泉テイストが入っていて(当たり前なんだけど)、ところどころに優しくて切ない遊機械の雰囲気が見え隠れしてて、あー私遊機械好きだったなって。
あんな素敵なお芝居をしてくれる劇団って今ないですよね。
「壊れた玩具」とか「食卓の木の下で」とかを思い出しました。
好きだったなー。

アラカルトの名前通り、準備中のレストランにやってくる人々とギャルソンとのオムニバス形式なお話です。
前半はオムニバスのお芝居、休憩を挟んで後半はショーになります。

以前はオーナーとギャルソンが白井晃と陰山泰だったのが、どうやら昨年で卒業、新しい方(パントマイマー)になってました。
どちらも知らない方だったので、盛り上がりに欠けるというか…、前の2人が大好きすぎてがっかり感がはんぱなかったです。

ただ、その分今までゲストを呼んでいたのが日替わりゲストになりました。

この日は我らが川平慈英!!
はい。はっきり言って慈英目当てに行きました。
高泉淳子と素のトークあり、1人でショーの時間あり(ちょこっとタップあり)、最後にはメンバーとコラボして歌って軽く踊ってあり。
うん、満足だー!

久しぶりに見た高泉淳子は、変わってなかったです。
やっぱりさすがに年とったなーとは思うけど、おばかキャラのタカハシから空気の読めない感じの女性、オバサマ、おばあちゃんまで幅広く演じてました。
うん、やっぱりこの人好きだわ。
いつかまた遊機械のような本を書いて欲しいな。

終了は22時近く。

青山円形劇場プロデュース

おしゃべりなレストラン
〜ア・ラ・カルト リニューアルオープン 準備中 〜
2009年 12月 8日(火) 〜 25日(金) 青山円形劇場

¥6,000(全席指定・消費税込)

高泉淳子 山本光洋 本多愛也

中西俊博(violin) クリス・シルバースタイン(bass)
竹中俊二(guitar) 林正樹(piano)

■日替わりゲスト(50音順)
石井一孝 川平慈英 篠井英介 羽場裕一
マギー 山寺宏一 ROLLY

演出:吉澤耕一
台本:高泉淳子
音楽監督:中西俊博
 
以下、ネタバレ
 
続きを読む

emy0824 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

September 27, 2009

FUNNY GIRL 製作発表会見 at 赤坂ACTシアター

ちょっと思い立って書いてみる。
誰も見てないだろうから、気軽に書こうっと。

ブロードウェイ・ミュージカル
ファニーガール
の製作発表に行ってきた。

@ぴあ会員で当選したメールをプリントアウトして向かう。
春野寿美礼ファンクラブの列と、ぴあ、梅芸の列で分かれて並ぶ。
会場後、並んだ順にチケットの入った封筒をランダムに選んで、席に着く。
場所はNとO列のはじっこだった。
席の真ん中中央は記者席で、カメラが並ぶ。
その他の席は前列も含めて全てファンで埋め尽くされる。

初めて宝塚ファンを見た訳ではないが、久々に見たら驚いた。
ジャニファンよろしく、モールのついたうちわ(公式あり、手作りあり、メッセ付きあり)、ペンライトをふりかざすおば様たち。
宝塚ファンってこんなんだっけ?
わっかいなー。
 
そうこうするうちに司会のお姉さんが現れて、舞台と今日の進行の説明。

まずは劇中歌の披露!
「Don't rain on my parade パレードに雨を降らさないで」
幕が開くと、マイクスタンドの前に立つ4人の姿が。
左から綱島郷太郎、春野寿美礼、田中利花、阿部裕。
春野さんは薄紫の肩が出るドレス。
後で近くに来た時にも思ったが、めちゃめちゃ細い!
歌は、まあ、1回合わせただけと言っていたので本番に期待かな。
でもラストの声を響かせる所は春野さんきれいに出てました。

その後、演出の正塚晴彦も登場し、一人ずつ軽く挨拶。
正塚「宝塚では役者もスタッフも全員女の人で、男は僕一人。
   今日はもう二人もいるので嬉しい。
   春野さんには全てをさらけ出して欲しい(笑)
   魅力をふりまいて。」
春野「この作品は映画で見ていた。見るたびにはまっていく。
    やれてうれしいです。」
田中「春野さんとは初めて。
   ずけずけと春野さんに物を言う役なので
   「「そんな顔で女優なんて無理よ!」」とか言ってます。
   セリフだから!(笑)」

それから剣幸、橋本じゅんからビデオコメントあり。
じゅんさんは全くギャグなく、真面目にコメント。
それが逆に面白かった(笑)

次にマスコミから質問。真面目な感じのが続く。
予め提出していた会場のファンからの質問にも応答。
演出の面や、共演者の印象など。

最後に一人ずつ意気込み。

袖に捌けた後、春野さん一人でハンドマイクで歌。
「People」
これまた上手かった。
元男役とは思えないほど、高音も出てたし、素敵だった。

最後に役者陣が観客の前に出てきて、舞台上から記者たちがファンごと写真撮影。
司会のお姉さんの指示により、ペンラとうちわが振られまくる。

囲み取材後、春野さん、綱島さんが一言ずつ言って終了。

いっぱいメモ書いたけど、たいしたこと言ってなかったので簡略レポ。

emy0824 at 16:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)演劇 

May 05, 2007

コンフィダント・絆 at パルコ劇場5

三谷幸喜の最新作「コンフィダント・絆」を見てきました。

“果たして芸術家たちの間に友情は成り立つのか”をテーマにした三谷幸喜の意欲作。今までのシチュエーションどたばたコメディ路線から変えて、新たな角度から笑いを追及した新しい三谷幸喜作品です。
この人は何を書かせても上手いなぁ〜とうなってしまうほど、人間の内面をグサリとえぐり、描いています。

時は1888年パリ。
4人の芸術家と1人のモデルの女をめぐるストーリー。
世間的にはまだ無名なゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シュフネッケル。
副題にもあるように、芸術家であるゆえに結束し、芸術家であるゆえに憎しみ合い、芸術家であるゆえにそれを隠した。
友情、信頼、うぬぼれ、嫉妬。
誰でも隠しておきたい内なる自分を赤裸々にさらけ出し、全てが明るみに出た時彼らは・・・。

初舞台の中井貴一をはじめ、寺脇康文、生瀬勝久、相島一之、堀内敬子といった芸達者な役者たちが揃ったすんばらしい舞台です。

初舞台とは思えないほどの演技力を見せてくれたスーラの中井。
人間性豊かなゴーギャンをそつなく演じた寺脇。
起伏の激しい甘えん坊のゴッホがはまってた生瀬。
そしてこういう役をやらせたら日本一。人はよいが空回りしてる風なシェフネッケル相島。
この4人にからむ紅一点。見事に映えてたし、歌もやっぱり素晴らしかったルイーズの堀内。

これ以上のキャストは望めないだろうなぁというほど贅沢な舞台でした。

重くなりがちなテーマを独自の笑いとセンスと間で軽やかにかつ面白く仕上げた三谷幸喜の才能に脱帽です。
すごいなぁ。ほんと。
2幕初めのアコーディオン演奏も見事でした(笑)
ピアノの生演奏っていうのも大人っぽい舞台によくマッチしていて、今までの三谷とは違うぞっていうのを感じました。

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

April 15, 2007

「フロッグとトート」製作発表5

ブロードウェイミュージカル「フロッグとトード」の製作発表会に行ってきました。
製作発表と言っても、テレビで観るようなホテルの一室でやるようなものではなく、桜新町のさくら祭りのイベントの一環としてやられたものです。

フロッグとトートは去年の5月に博品館劇場で上演されたもので、今回は再演になります。
「ふたりはともだち」などの絵本で知られるがまくんとかえるくんの話。
実際に去年観に行ったのですが、いやー、おもしろかったです。
川平慈英演じるやんちゃなガマくんと、石丸謙二郎演じるしっかり者のかえるくんの友情物語がもう〜、たまらん。
かなり心があったまります。
ガマくんに手紙を届けようとするカタツムリ君の奮闘も楽しくて、子供たちからいっぱいの声援を浴びてました。
子供も大人も楽しめるそんなミュージカルです。

で、この日はその再演のPRだったわけですが、慈英と、石丸謙二郎、おかやまはじめ、宮菜穂子が来てました。
1年経ってもチームワークは変わらず、楽しいやりとりをしながらの舞台の裏話などを聞くことができました。
その後、ちょっとだけタップダンスと歌を披露。
うーん、いいなぁ。

私は川平慈英が大好きで、彼の舞台はほぼ見逃さず見たいと思ってます。
慈英の底抜けの明るさ(うっとおしさとも言う)と、周りの人を元気にしちゃうはちゃめちゃっぷり(ほんと迷惑そう)が本当に見ていて楽しくて、見ているこっちまで元気を貰うことができます。
ほんとに素敵な役者さんです。

emy0824 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

April 07, 2007

まっさおな at サンシャイン劇場4

またもやキャラメルボックスをブログライターで見てきました。
5500円がタダだ!

「TRUTH」と同じく山本周五郎をモチーフにした今回の舞台。
いやー、ほんとTRUTH風味でしたね。
詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、山本周五郎だなぁっていう舞台。
はっきり言って、今回は面白かった。
見る価値ありです。

初日に観に行ったのは、長いキャラメルボックスファン暦(多分)15年で初めてです。
初日の半券で当日券が半額になるなんて初めて知りました。
そして、あんなにあわててる加藤さんも初めて・・・じゃないか?

舞台が暗くなり、役者が出てくる・・。
おーーーーい。
ゲネプロかよ!
とつっこみたくなってしまいました。
なんか、こう、空気が違うんですよね。
探り探りの演技。
まだまだ練習、っていう感じの雰囲気。
もう2度と初日には来るまいと誓ったのでした。

が、粟根さんが出てきて、笑いをとって、なんだかやっと役者たちの肩の力も抜けたみたいで、そこからは普通の舞台でした。
粟根さん、最高。
一人でおおはしゃぎ。何がそんなに楽しいのーー!!??
っていうぐらいおおはしゃぎ。そして持っていきすぎ(笑)
さすがです。
あぁ、大好きだ。

あとは、坂口理恵。
この人ってこんなに上手かったっけ?
笑いの後にいきなり泣かされました。
母の愛がひしひしと伝わるすごい演技です。これは必見。

温井は主役としてはすごいがんばってた。
殺陣がさまになってて、相当稽古したんだろうなぁって思いました。
うるさくなく、周りを明るくする、元気な、いやみのない演技で、花丸です。

あ、三浦の声がだっちに似てる(笑)
新人の子は高校生みたいな演技をするので、頑張ってください。
声はいいと思うんだけどなぁ。

音楽はいまいち。TRUTHの時の衝撃はないなぁ。

2階から見てると、ほんと照明がきれいでした。特にラスト。

主役を張ってた人が脇で出てる。
めちゃめちゃ層の厚い劇団です。
ひとつのプロ野球球団をずっと応援していくみたいにできればいいな。
選手が変わっても、監督が変わっても、オーナーが変わってもずっと応援していく母体のようになって欲しい。

終演後のブログライター取材。
成井さん、真柴さん、温井、岡田達也の4人が来てくれました。
いろいろ裏話を聞きました。
岡田達也のズラはオーダーメイドとか。
旅一座の時代考証が大変だったとか。
こういう楽しいことをちゃらっとやってしまうキャラメルはすごいなぁ。



emy0824 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

March 29, 2007

大帝の剣 at 渋谷TOEI1

大帝の剣見てきました。

小演劇好きの私としては、宮藤官九郎、大倉孝二が出ているっていうだけで、うわー楽しそうと思ってました。

が、激しくつまらーーーん。
イントロのクレジットまででお腹いっぱい。
もう充分でございます。

原作を読んだ方がおもしろいだろうなぁ。

この監督、映画分かってるんだろうか。

役者さんたちがかわいそうだ。

などなどを思いながら、とりあえず最後まで見ましたが、B級どころかC級。
鑑賞後、「くだらなかったね〜」って笑えるかと思っていたが、何も言葉が出ず。
でたのはあくびのみ。

唯一黒木メイサのかっこよさはよかった。
あと、大倉孝二のボケぶり。まぁ、いつものことか。
犬山イヌコを発見できたのはうれしかったな。



emy0824 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

March 15, 2007

サボテンの花 at シアターアプル3

キャラメルボックスの音楽劇、「サボテンの花」を見てきました。

またもやブログライターで、6000円のチケットがただに!
尚且つ、終演後に役者さんたちにインタビュー会までついてました。

音楽劇かー、素人の歌なんて聞きたくないな。
というのがまず、音楽劇って聞いた時の感想です。
そして、音楽劇と謳われていておもしろかった覚えがあまりない。というのも足を遠のける原因となってました。
まあでも西川さん、菅野さんが出るので、当日半額チケットででも観に行こうって思ってた作品です。

小学六年生の卒業研究が「サボテンの超能力を調べること」とになり、先生、両親たちを巻き込んでの騒ぎになっていくという初期のキャラメルを見るようなホンワリしたストーリー。
キャラメルらしく、泣かせに泣かせて、大団円で終わるという全く持ってキャラメルらしい作品。
私の中では真ん中ぐらいの評価です。

歌がなぁ・・。なんで音楽劇なのか・・。
それがまず出た感想です。
やっぱりキャラメルが歌うのは何か抵抗感があり。
下手なわけじゃないけど(渡邊安理は上手かった。声楽やってただけはあるなぁ)、別に聞き入るほど上手いわけではないので、長い曲とかはかなりだらけました。
特に群唱。踊ったりもしてるけど、特に目をひくわけではなく・・、なんか学芸会みたいと思ってしまった。
これのせいで値段が6000円に釣りあがってるなら悲しい・・。

成井さんが音楽劇をやりたいんだ、と、音楽でメッセージを伝えたいんだという気持ちは分かりました。
けど、うーん・・・。
まだまだですね。

役者としては特に目立ったこともなく、いつも通りかな。
西川さんの卒業式の後のシーンがよかった。怒りながらもうれしいっていうのがあふれてたなぁ。
あぁ、そうだ。コング桑田さん!
初めて見ましたが、すごいいい役者さんだった。
キャラメルにはない自然な、それでいて、しっとりとキャラメルになじむ演技のできる、一息つけるような存在。
変な名前で毛嫌いしててごめんなさい。

終演後のインタビューは楽しかったです。
加藤さん、西川さん、だっち、多田直人、渡邊安理、小林千恵、コングさん。
自分よがりな質問、はたまた長い感想を言ったり、親しげに話しかけちゃう人がちらほら。
キャラメルファンってこんな感じだよなぁって思いつつも、私も質問してみた。
いかりやさんリスペクト。
天国に届いているといいなぁ。



emy0824 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

January 03, 2007

朧の森に住む鬼 at 新橋演舞場

すげーすげーおもしろかった。
新年早々、今年一番かもと思った作品。

ストーリーは新感線風マクベスチックな感じで、どうってことないんだけど、舞台美術、演出がすごい。
こういう見せ方できる芝居って新感線以外に思いつかない。
舞台上に雨が降るかと思ったら、滝ができてるわでかなりびっくりしました。
さらにそこで染五郎が殺陣ですよ。
感動的な音楽がなり、水しぶきをあげながら染五郎が・・(ネタバレにつき、略)
映画さながらのシーンでかなり感動しました。
舞台ってどこまででもできるんだなぁ。

古田新太は今までどおりな感じ。
最近フェロモンが圧倒的に減った気がする。
でも好きだー、白ムチ。

阿部サダヲがかわいく、頭の悪い役で笑いを誘っていた。
こういう役やらせたら右に出るものはいないよなぁ。
秋山菜津子はさすが。殺陣もいけてる。
高田聖子も、ミュージカルデビューしただけあって、さすがの貫禄。
小須田康人がでかかったのは以外。上げ底?そういえば前にも新感線出てたなぁ。どうしてもトランスのイメージが抜けないので、貧弱な感じがするけど、結構たくましい。

染五郎ファンの人は観に行ってください。というか、観に行け!あの妖艶さにやられてくれ!
初日あいてすぐでこれだけすごいんだから、千秋楽はどれだけ進化してることやら。



emy0824 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

January 01, 2007

ダリ展 at 上野の森美術館

あけましておめでとうございます。

今年からはこのブログももう少し活躍させようかと・・。
がんばるぞ。

というわけでダリ展。
人が多かった・・。
元旦早々、30分待ちだった・・。みんな暇なんだなぁ。
絵の前に2重3重の人の輪ができていて、ゆっくり絵が見られず。
人大杉!

ダリの映画「アンダルシアの犬」が上映されてて観るも、15分の上映にもかかわらず寝てしまった・・。疲れてるのかなぁ。
冒頭の女の人の目を切り裂くシーンは印象的だった。

ダリの絵、人生を堪能してきた。
あまり絵心がないんだけど、すごいなぁ、すごいなぁとだけ思ってみてきました。
おもしろかった。

続きを読む

emy0824 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観光めぐり