September 01, 2006

噂の男 at パルコ劇場4

随分評判が良かったので、前々から行こう行こうと思ってた作品。
たまたまオケピネットで当日手渡し、定価、F列という高物件を見つけたため、連絡を取って譲ってもらって行ってきた。

噂の男

 

 

 

 

 

 

 

8000円というパルコ値段だったが、まぁまぁ元は取れたかな。
できれば6000円ぐらいが妥当な気もするが。

お話の時は現在。 場所は大阪にある宝田興業の持ち小屋、昭和の戦後に建てられた、宝田グランド劇場。 その舞台袖、地下にある『ボイラー室』と呼ばれる一室。 そこを訪れる、芸人たちとそれをとりまく人々。
12年前に亡くなった芸人の死の真相をめぐり、それぞれがそれぞれの思いを抱えて話が展開していく。

話自体が福島三郎っていうよりもケラさんって感じがする。
実は福島三郎のものを見たことがないんだけど、なんとなくイメージで、泪目銀座って感じじゃないなーって。
ケラさん演出にしてはナイロンっぽいやり取りとかなくてあんまりケラっぽさを感じなかったかも。(作が違うからかな。)
途中で映像を入れるのはもう十八番。
役者のテンポよい関西弁のやり取りとか、過去と現在をきれいにクロスさせていくところとかはさすが。

メンバーがまた芸達者なのが揃ってるし、脇の二人も結構上手くて(特に今時な感じの女の子の演じ方がいい。)、役者だけでも見る価値あり。
橋本じゅんの演技が見られただけでも満足。
この人最近ほんとすごいなー。
前々から外での演技は目を見張るものがあると思ってたけど、目をひきつけるオーラから身体能力、演技力、何をとってもすごい。
もちろん劇団での演技も最高なんだけど(特に轟天)、なんだか中では発揮されない力がある気がする。

そして堺雅人。
やっぱり怪しげなオーラが漂ってるなぁ。
結構好きなタイプなんだけど、なぜか踏み込めない私がいる。なぜだ??
八嶋ももう言うことなしでしょ。
っていうか相変わらずうざい役。
何やっても一緒な気もするんだけど、他の演技も見てみたい。
橋本さとしは久しぶりに見たな〜。
橋本じゅんとの漫才は良かった。
っていうかそのへんのお笑い芸人より面白かった。
実際に客席も結構笑ってたし。
ちなみに漫才脚本は中川家が書いたというから、やっぱりお兄ちゃんが足をひっぱってんのか・・。

分類としてはパルコ「こどもの一生」ジャンル(私が勝手につけた)。
人間風車、バンプショウ、鈍獣、ラストショウの仲間。
初めはわいわいおもしろおかしく話が展開していくけど、最後は生きる死ぬ、殺す殺されるの血みどろ話。
大学のときに初めて「こどもの一生」を見たときは、こんな面白い話があるんだと思って感動したけど、さすがにこれだけ同じようなストーリー(もちろんディテールは違うけど、流れは一緒)を見ると、またかと思えてくる。
違うのは作、演出、役者。
役者がどれだけいい演技をするかにかかってくる気もするなぁ。
そういう意味では今回は大成功かな。
こんな贅沢なチームワークはそうは見られないだろう。

噂の男

作:福島三郎
演出:ケラリーノサンドロヴィッチ

出演:堺雅人、橋本じゅん、八嶋智人、山内圭哉、橋本さとし、猪岐英人、 水野顕子

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

July 24, 2006

喜代川4

今年も土用丑の日がやってきました。

今年はどこへうなぎ食べに行こうかなぁと思ったのですが、なんとなく日本橋のお店に決定。
もちろん、老舗のお店。喜代川です。

unagiやっぱり丑の日だし混んでるだろうと、11時半と早めに行ってみました。

ここは、座敷とテーブル席があるのですが、もちろん安いテープル席の入り口へ。
入ってみると4組のテーブル。
お客さんはいない・・・。

あれ?
ここって、人気ないんだろうか?
そして竹コース3200円を注文。

待つこと5分ぐらい?
すぐにうなぎが出てきました・・。
出てくるのが遅いほうが、注文を受けてから蒸したりしてて、おいしいのでは?
という固定観念のもと、ちょっとがっかり。

食べてみると、普通にうまー。
やわらかい。
ごはんも味しみてるし、味も濃くない。
ちょっと甘いけど、まあまあ。

だけど、お客さんがいないからって、仲居さん、じいいいっと見守るのはやめてもらいたい。
結構食べずらかったです。
そんな私の視線に気がついて物影に隠れるものの、そこから背伸びしてまで見なくたってさ・・。

お店を出るころにはぱらぱらお客さんもやってきました。
よかった。ちゃんとお客さん来るお店だった。

量が多くて、半分ぐらい食べたころに苦しくなってきました。
女の子だったら松でもいいかも。



emy0824 at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ごはん 

June 24, 2006

男を変える恋愛講座 at エバー航空機内3

台湾から東京に帰ってくる機内で見ました。
日本公開は今年の秋だそうで、こういう公開前の作品が見られちゃうところが機内映画のいいところですね。

原題は「Failure to Launch」。
なぜにコレが恋愛講座になるのやら・・。
似たような邦題ばっかりな気がする。

恋愛講座

主演は「Sex and the City」のサラ・ジェシカ・パーカー。
結構好きな女優さん。
相手役はマシュー・マコノヒー。
全米で最もセクシーな男に選ばれたそうです。へー。

親と同居するダメ男と付き合って、家から独立させることを商売としているポーラと、そんなダメ男の恋愛物語です。
そしてポーラがダメ男トリップを好きになってしまうという、典型的なラブコメディです。

ふつーうのアメリカンコメディ。
期待以上でも以下でもない。
そこそこ笑えて、ほんのり泣けて。
そんな感じです。

お気に入りはポーラの同居友達のキッズ(だっけ?)。
クールで変てこな女の子をキュートに演じています。
ちょっとベッキーに似てる。
ズーイー・デシャネルって女優さん。
調べてみたらほんとは金髪なのね。今回は黒髪でかわいかったー。



emy0824 at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

リトルランナー at エバー航空機内

台湾に行く飛行機の中で見てきました。
見たいなぁって思ってた作品です。

カナダ作品。原題は「SAINT RALPH」
日本公開は今年の3月4日です。

昏睡状態の母が助かるには奇跡が起こるしかないと聞かされた少年が、奇跡を起こすためにボストンマラソンに挑戦する話です。
そして、初めは馬鹿にしていた周りの人々もだんだんと変わっていきます。

ちょっとエッチで不真面目な少年が母の病気をきっかけに、自分を信じてひたむきにマラソンに挑戦してく姿には心を動かされます。
機内なのに泣いてしまいました。
ちなみに友達も泣いてました。

このひたむきな主人公のラルフを演じているのはアダム・ブッチャー。
なんと映画初出演だそうです。
クスリと笑わせる演技や、病気の母に話しかける演技、そしてひたむきに走る姿、まさか初出演とは・・。
まさに天性の演技者です。これからが楽しみだ。

ちょっとネタバレ↓

続きを読む

emy0824 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

June 17, 2006

俺たちは志士じゃない at サンシャイン劇場3

演劇集団キャラメルボックス公演
「俺たちは志士じゃない」
を見てきました。

ブロガー予約と言うことで、この記事をアップすることを条件に無料で見せて頂きました。
しかも終演後には演出家マキノノゾミさんとのお話会をさせてもらって、いやいや、無料で見せてもらったのにそんなことまでできて、すごい企画です。
さすがキャラメル。
いや、さすが加藤昌史。

そんなわけで今回の公演。
演出はマキノノゾミ。
M.O.P.の作演出家ですが、私はMOPを見たことがない。
東京原子核クラブ、HAPPY MANの作演出。
最近では外部作品で、 おはつ、浪人街の作とかが有名。
名前はよく知っているし、作品も知ってるけど実はどれも見たことがなかった。
どんななんだろう、マキノノゾミ。

って感じで見てきましたが、なるほど。
キャラメルの熱い芝居もこの人にかかるとやんわり風になるんですねー。

今回は俺志士のリメイク版ということで、なんと舞台転換なし。
大幅に脚本を変えて、松、竹の二人が家にやってきて去るまでの話だった。
舞台転換なし、一幕物というとどうしても三谷幸喜が浮かぶ。
次から次へと状況が悪化していって、そこで人間がどのように面白い行動にでるかというのを描いているんだけど、あれ?
俺志士ってそんな話だっけ?

パンフにも書いてあったし、後での話し会でも言っていたが、マキノさんはこの話が”ヒーローに間違えられたお馬鹿な二人の話”だと言う。
が、私には”志のない人間がヒーローに間違えられたことによって志を持つようになる話”だと思っていた。
そんなにコミカルな話じゃないのに、一場面ものってどうなんだろうって思ってしまいました。

演出家の考え方が違うともちろん芝居も違う。
全体的にほんわか雰囲気。
役者がこれでもか!っていうほど叫んでいない。
無理なギャグもない。
これがキャラメルの役者か?って思うほどみんな自然な演技。
特に温井の演技には目を見張るものがある。
こんなに雰囲気で感情を伝えることができる子だったっけ?
凛としてそれでいて切なくて、かっこいいおなごを演じてました。

そうそう、ゲストの皆さんもすごかった。
主役の松役、文学座の浅野雅弘。
どことなく雰囲気が近江谷さん風。
お馬鹿でかわいくて、素朴な演技がべらぼうに上手い。
天王寺役の青年座、大屋仁志。
佐々木蔵之介には及ばないけど、ちょっとおちゃめで厳格な殿様がよかった。
ああいう厳しい雰囲気を出せる役者ってキャラメルにはいないよなぁ。

そんなわけで役者たちの演技はすごくよかったし、普段のキャラメルよりもこっちの方が好きなんだけど、全体の演出としてはどうかな。
最後に話をして思ったんだけど、やっぱりマキノさんはエンターテイメント的な演出をするよりも、普段日常で感じる人と人との繋がりとか組み合わせのお馬鹿さを見せたい人。
そういうことを見せるには俺志士ではちょっと人間関係が希薄ぎみだし、この作品ではエンターテイメント要素が欠けるとだらだら行っちゃう感じがする。
現に最後のクライマックスの場面では、緊張感よりもコミカルさを強調していて、あぁ、こういう演出もありか、と思ったけど、やっぱり何か違うなぁ。
キャラメルボックスに何を求めているかによっても評価が分かれそうなところだけど、私の求めていたものとマキノさんは違うらしい。

また、作品を一場面物にしてしまったことにより、なんだかさらに面白みがなくなったような・・。
もともと成井、真柴の二人はこういうものを書くのになれていないこともあると思うんだけど、うーん、いまいち。

長くなってしまった。
そんなわけで、マキノ版俺志士でした。
たまにはこんなキャラメルもありですね〜。

↓座談会詳細

続きを読む

emy0824 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

June 15, 2006

メタルマクベス at 青山劇場5

劇団新感線☆RS「メタルマクベス」見てきました。

原作はもちろんシェイクスピアのマクベス。
脚色は宮藤官九郎。

出演者は

内野聖陽 松たか子
森山未來 北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと
上條恒彦
右近健一 逆木圭一郎 河野まさと 村木よし子 インディ高橋 
山本カナコ 礒野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ 保坂エマ
皆川猿時 冠徹弥 村木仁 川原正嗣 前田悟  ほか
Metal Macbeth Group(岡崎司/guitars 高井寿/guitars 前田JIMMY久史/bass
岡部亘/drums 松田信男/keyboards 松崎雄一/keyboards)

新感線とシェイクスピアってどうよ?
って不安があったんですが、そんな心配は全くない!
ちゃんと新感線だし、クドカンだし(やっぱり大人っぽい)、シェイクスピアでした。
おもしろかったー。
今回は新感線、シェイクスピア、大人計画、そしてメタル。
4つが上手く融合した作品。

2206年と1983年(だっけか)の二つの時代が交互に出てくる。
未来と過去のマクベスが上手く交差していくストーリー。
クドカンが書くとマクベスはこうなるのかーって思ったけど、よく考えたらマクベスにあまり詳しくなかった・・。
軸のストーリーはそのままで、二つの時代を行き来したり、ギャグがちりばめられてたりする所がクドカンらしい。
やっぱりこの人は原作ありきの脚本を書かせたら素晴らしいと再認識。

役者たちはこれまた豪華。
新感線ならではのゲストの多さ。
みんなやっぱりすごかった。

内野はさすがの演技力で、かっこいいマクベス、おちゃめで弱いマクベス、だんだんと狂っていく様、そして最期。
マクベスの変化を上手く表現していました。
やっぱり歌があまり上手くなく残念だったけど・・。

松たかこはめずらしく高慢ちきなところが消えていて、今まで見た演劇、ミュージカルの中でも一番良かった。
彼女については大根だと言う人もあれば、感情を押し殺してセリフを言っているんだという人もいて賛否両論分かれるところだけど、今回についてはそこまで悪く言う人はいないだろう。
最後の狂ったローズは特に良かった。

そして森山未来。
見るたびに進化していく気がする。
この間見たときは背が伸びててびっくりしたけど、今回はさらに水を得た魚のように舞台をところ狭しと飛び回っていた。
ダンスに歌に芝居に大活躍。
やっぱり舞台の人だなぁって思う。
ちょっとひょろすぎて、きめのポーズの姿勢が悪いのが直ればなおグー。

北村有起哉。
何年ぶりに見たかな〜。
以前遊機械で見た以来。
かなりオーラが出るようになっていてびっくり。
あぁ、こりゃあっちこっち出ずっぱりになるはずだと納得。
要の役を確かな演技力でこなしていて、森山との掛け合いも新鮮で面白かった。

ただ、新感線メンバーがあまり目立ってなかったのが残念。
橋本じゅん以外は結構脇役的扱い。
それもあってか、なんだかあんまり新感線風味が薄かったような。

中島かずき脚本では味わえない切ない気持ちが味わえた。
シェイクスピアの成せる技かクドカン効果か?

いいもの見た〜!


続きを読む

emy0824 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

May 07, 2006

まとまったお金の唄 at 本多劇場3

大人計画の芝居です。

出演は荒川良々、阿部サダヲ、市川美和子、平岩紙、宮藤官九郎、伊勢志摩、村杉蝉之介、近藤公園、松尾スズキ、他

大人の本公演(ウーマンリブは除く)としては実に2年ぶり?
私のとっては「イケニエの人」以来となります。

いやー、松尾ワールドでしたね。
中身がありそうで、なさそうな。
ストーリーがありそうで、なさそうな。
考えてみろ!って言ってそうで、別にいいよって言ってそうな。

ストーリーや流れよりも、今やブラウン管でも有名になった役者さんたちの個人のギャグで笑わせるような感じ。
いや、それはそれで面白いんだけど。
もうちょっと、ストーリー重視で見たい私としてはちょっと物足りないような。

大阪万博時代を生きる蒼木家の人々。
借金取りが来たり、革命運動してたり、チンチン切り魔が現れたり、ウンコ投げたり、相変わらず(?)です。

紙ちゃんかわいいな〜とか、阿部サダやクドカンや良々はうまいな〜とか、松尾スズキは相変わらずおいしいところで出てくるな〜とか・・。

うーん、題名変わって、セリフも変わってるけど、内容が毎回一緒な気がしてきた。
っていうのはひどすぎるか。

きっと大人計画って、好き嫌いが分かれる劇団です。

続きを読む

emy0824 at 03:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

March 29, 2006

アキバ・イチ3

秋葉原の再開発がガンガン進み、でっかいビルがバンバン建つようになってきました。
そんな中3月9日に登場した、秋葉UDXというビル内に位置する「アキバ・イチ」。
さっそく今日のランチに行ってきました。

もともと、秋葉原はごはんを食べるところがないと言われていたそうで、最近できたヨドバシアキバのレストラン街はかなりウハウハだったと思います。
それに加えてこのアキバイチが出来たことで、秋葉原の食はかなり充実したのではないでしょうか?
ちなみにアキバイチとは、もともと秋葉原にあった青果市にちなんでつけられたそうです。

今風なおしゃれなビルの中に、30以上の飲食店が3階に渡ってひしめきあっていました。
内装も灰と黒を基調にした感じでおしゃれ、さらに暗い照明がムーディ。
大人な感じです。

平日の昼間ということもあり、あんまり混んでませんでした。
が、これだけ飲食店があると決めるのも一苦労・・。
あまり有名なお店もなく、これに行きたい!っていうのもなかったので、和食で、4階にあるお店にしようって限定して決めました。

そば居酒屋 助七
ランチメニューで、ソースかつ丼とせいろそばセット。800円なり。
普通においしかったです〜。

そうそう、鳥つねというお店だけ行列ができてました。
調べてみたら創業90年、湯島に本店をもつ鳥料理専門店だそうで、人気があるみたいですね。

昼はサラリーマンのランチでにぎわっているアキバイチも、夜は夜で別の顔になるだろうなぁと思いながら後にしました。



emy0824 at 02:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ごはん 

March 28, 2006

Miss Saikon at 博品館劇場3

ミスサイゴンじゃあありませんよー、ミス再婚です(笑)

私の大好きな謝さん率いるTSファンデーションのミュージカルを見てきました。
TSミュージカルファンデーション 辛口Musical 「Miss Saikon」

出演者は香寿たつき、安崎求、平澤智、パク・トンハ、成瀬こうき、新納慎也
これまた揃いも揃った芸達者な役者さんたちです。

ストーリーは簡単で、バツイチ女性(香寿)が再婚をしようと頑張る話。(そのままだー)
TSミュージカルにはめずらしいコメディです。

いやー、香寿たつきは宝塚時代の男役からは想像できないかわいらしい女の子でびっくりしました。
ほんとすごい。
安崎さんは、言うことなし、ベテランですね。
平澤智もなんなくこなしてる感じ。歌うまくならないかなー。
パク・トンハはグランドホテル以来ですが、こんなに面白い人だとは思わなかった。日本語ぺらぺらなのはもちろんですが、素での話しっぷりも面白くてびっくりしたました。
成瀬こうきははすっぱな女の子で、男役出身でもやりやすそうだったな。でもかわいらしかった。
新納はさすが。かっこよかった〜。くねくねしてて、気持ち悪いながらも、やっぱりスタイル抜群で歌にダンスによかったー。

今回のストーリーには時代を反映しているものがいっぱい入っててこれまたびっくりしました。
M&Aで会社をのっとられそうになった社長がいたり、乗っ取り屋強盗啓太こと後藤啓太(実在の人物だよねぇ?)がいたり、多重債務に苦しんでる離婚、クビ、自己破産を経験した人がいたり・・。
主人公も臨床心理士、舞台も和風多国籍薬膳料理と今風(?)な感じ。

謝さんの時代を見る力に脱帽でした。



emy0824 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

March 26, 2006

四万温泉5

先日、研究室旅行で群馬の四万(しま)温泉に行ってきました。
四万温泉の由来は、「四万の病を治す」というところからきているらしくて、その名のとおり、万病に効くとても良い温泉だそうです。

1.交通
車で行きました。
練馬ICから高坂SAでちょっと休憩して、渋川伊香保ICで降りる。1時間半ぐらいかな?
そこから1時間ぐらいで四万温泉につきます。

2.食事
まずは腹ごしらえ。
渋川の近くにある水沢うどんを食べました。
日本3大うどんのひとつとされている水沢うどん。
こしがあって、うまいです。
ちなみに食べたお店はこちら。
田丸屋
田舎だけあって、かなり広い店内。うちら12名もらくらく座れる、団体向けの部屋もあります。
つくりもこっていて、日本家屋!って感じでした。

3.お茶講
四万温泉のある中之条町、白久保に伝わるという、伝統のお茶講を体験しました。
お茶講とは甘茶、シブ茶、チンピ(ミカンの皮)のブレン ド茶4種の味を事前に覚えておいて、7回のお茶当てを楽しみます。
1回ごとに適中者には配当(アメ)がでるというものです。
本当は30名ぐらいで遊ぶのが楽しいらしいのですが、無理を言って12名でお願いしました。
いやー、これ楽しかった。
4種類のお茶の味がもう分からなくなっちゃって、みんなかなり適当にいいまくり。
最後に答えあわせをするのですが、当たっても当たらなくてもみんな笑顔で笑いっぱなし。
ちなみに、一番多く当てたのはイギリスから来た研究員。
日本人の面子まるつぶれ(笑)

4.旅館
四万川やまぐち館というところに泊まりました。
ネットランキングで4位になっていた有名旅館です。
じゃらんで1万円で予約してみた。
いやー、この宿、宿全体が昔の日本みたいなコンセプトで作られていて、すごくきれいでした。
3人いた外国人も大喜び。
売りは露天風呂温泉で、四万川の真横にあって、風景がとてもきれいです。
温泉もやわらかくて、本当に質がいいんだなぁって感じました。
もちろん、お肌つるつるに。
夜にはおかみが紙芝居読んだり、太鼓ショーがあったりして、これまた外国人が大喜び。
スタッフの対応もよくて、食事はそこそこだったけど、かなり気持ちよく過ごせました。
写真は旅館から撮った四万川。

5.奥四万湖
奥四万湖宿から3キロほど北に位置する奥四万湖。
ダムです。
ここらへんの水はみんななぜか青くて、青い水の中に写る風景がとてもきれいでした。

 

6.甌穴(おうけつ)
甌穴県に指定されている天然記念物。
岩が川の中の同じところでぐるぐる回ってできた穴です。
このへん一体が河原になっていて、みんな童心に帰ってはしゃぎました。
まんまるの穴を見ていると自然の偉大さを思い知らされます。


力作下の写真はその川辺で撮ったもの。
今回の写真の中で一番の力作かな。

 

 

 

 

 

四万温泉って、何もないと思ったのですが、結構楽しめました。
研究室のみんなが仲良くなるいいきっかけになったらいいなぁ。



emy0824 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観光めぐり