June 24, 2006

リトルランナー at エバー航空機内

台湾に行く飛行機の中で見てきました。
見たいなぁって思ってた作品です。

カナダ作品。原題は「SAINT RALPH」
日本公開は今年の3月4日です。

昏睡状態の母が助かるには奇跡が起こるしかないと聞かされた少年が、奇跡を起こすためにボストンマラソンに挑戦する話です。
そして、初めは馬鹿にしていた周りの人々もだんだんと変わっていきます。

ちょっとエッチで不真面目な少年が母の病気をきっかけに、自分を信じてひたむきにマラソンに挑戦してく姿には心を動かされます。
機内なのに泣いてしまいました。
ちなみに友達も泣いてました。

このひたむきな主人公のラルフを演じているのはアダム・ブッチャー。
なんと映画初出演だそうです。
クスリと笑わせる演技や、病気の母に話しかける演技、そしてひたむきに走る姿、まさか初出演とは・・。
まさに天性の演技者です。これからが楽しみだ。

ちょっとネタバレ↓



この映画、原題からも分かるようにキリスト教の学校での話しです。
なので、ところどころに信仰についても描かれているのですが、心に残った一言がありました。
奇跡を起こしたいと思ったラルフがどうしたら奇跡が起こせるのか、素人の自分がボストンマラソンに勝利できるのか、不安に思ってガールフレンドにたずねます。
すると彼女は
「奇跡が起こせると信じている人にしか奇跡は起こせない」
って言うんです。
その言葉をきっかけに、ラルフは自分を信じて前だけを向いてがんばり始めます。
そうだよ、奇跡は信じてい人にしか起こせないんだよ。
ぐさりと心に刺さる言葉でした。



emy0824 at 18:59│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字