January 01, 2007

ダリ展 at 上野の森美術館

あけましておめでとうございます。

今年からはこのブログももう少し活躍させようかと・・。
がんばるぞ。

というわけでダリ展。
人が多かった・・。
元旦早々、30分待ちだった・・。みんな暇なんだなぁ。
絵の前に2重3重の人の輪ができていて、ゆっくり絵が見られず。
人大杉!

ダリの映画「アンダルシアの犬」が上映されてて観るも、15分の上映にもかかわらず寝てしまった・・。疲れてるのかなぁ。
冒頭の女の人の目を切り裂くシーンは印象的だった。

ダリの絵、人生を堪能してきた。
あまり絵心がないんだけど、すごいなぁ、すごいなぁとだけ思ってみてきました。
おもしろかった。



なんだか絵を見ることと、仕事である細胞を顕微鏡で覗くことは似ている気がした。
気がつかないんですよ。ささいなことに。(注意力散漫だからかなぁ)
絵の解説見て、あぁ確かにここに女の人がいるなぁとか、気がついてたけど気にしてなかったこととかが書いてあって、そういうのは大事だなと。
ささいなことを気にしていかなくちゃいけないなと思いました。



emy0824 at 22:35│Comments(0)TrackBack(0)観光めぐり 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字