January 03, 2007

朧の森に住む鬼 at 新橋演舞場

すげーすげーおもしろかった。
新年早々、今年一番かもと思った作品。

ストーリーは新感線風マクベスチックな感じで、どうってことないんだけど、舞台美術、演出がすごい。
こういう見せ方できる芝居って新感線以外に思いつかない。
舞台上に雨が降るかと思ったら、滝ができてるわでかなりびっくりしました。
さらにそこで染五郎が殺陣ですよ。
感動的な音楽がなり、水しぶきをあげながら染五郎が・・(ネタバレにつき、略)
映画さながらのシーンでかなり感動しました。
舞台ってどこまででもできるんだなぁ。

古田新太は今までどおりな感じ。
最近フェロモンが圧倒的に減った気がする。
でも好きだー、白ムチ。

阿部サダヲがかわいく、頭の悪い役で笑いを誘っていた。
こういう役やらせたら右に出るものはいないよなぁ。
秋山菜津子はさすが。殺陣もいけてる。
高田聖子も、ミュージカルデビューしただけあって、さすがの貫禄。
小須田康人がでかかったのは以外。上げ底?そういえば前にも新感線出てたなぁ。どうしてもトランスのイメージが抜けないので、貧弱な感じがするけど、結構たくましい。

染五郎ファンの人は観に行ってください。というか、観に行け!あの妖艶さにやられてくれ!
初日あいてすぐでこれだけすごいんだから、千秋楽はどれだけ進化してることやら。



emy0824 at 22:54│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字