March 15, 2007

サボテンの花 at シアターアプル3

キャラメルボックスの音楽劇、「サボテンの花」を見てきました。

またもやブログライターで、6000円のチケットがただに!
尚且つ、終演後に役者さんたちにインタビュー会までついてました。

音楽劇かー、素人の歌なんて聞きたくないな。
というのがまず、音楽劇って聞いた時の感想です。
そして、音楽劇と謳われていておもしろかった覚えがあまりない。というのも足を遠のける原因となってました。
まあでも西川さん、菅野さんが出るので、当日半額チケットででも観に行こうって思ってた作品です。

小学六年生の卒業研究が「サボテンの超能力を調べること」とになり、先生、両親たちを巻き込んでの騒ぎになっていくという初期のキャラメルを見るようなホンワリしたストーリー。
キャラメルらしく、泣かせに泣かせて、大団円で終わるという全く持ってキャラメルらしい作品。
私の中では真ん中ぐらいの評価です。

歌がなぁ・・。なんで音楽劇なのか・・。
それがまず出た感想です。
やっぱりキャラメルが歌うのは何か抵抗感があり。
下手なわけじゃないけど(渡邊安理は上手かった。声楽やってただけはあるなぁ)、別に聞き入るほど上手いわけではないので、長い曲とかはかなりだらけました。
特に群唱。踊ったりもしてるけど、特に目をひくわけではなく・・、なんか学芸会みたいと思ってしまった。
これのせいで値段が6000円に釣りあがってるなら悲しい・・。

成井さんが音楽劇をやりたいんだ、と、音楽でメッセージを伝えたいんだという気持ちは分かりました。
けど、うーん・・・。
まだまだですね。

役者としては特に目立ったこともなく、いつも通りかな。
西川さんの卒業式の後のシーンがよかった。怒りながらもうれしいっていうのがあふれてたなぁ。
あぁ、そうだ。コング桑田さん!
初めて見ましたが、すごいいい役者さんだった。
キャラメルにはない自然な、それでいて、しっとりとキャラメルになじむ演技のできる、一息つけるような存在。
変な名前で毛嫌いしててごめんなさい。

終演後のインタビューは楽しかったです。
加藤さん、西川さん、だっち、多田直人、渡邊安理、小林千恵、コングさん。
自分よがりな質問、はたまた長い感想を言ったり、親しげに話しかけちゃう人がちらほら。
キャラメルファンってこんな感じだよなぁって思いつつも、私も質問してみた。
いかりやさんリスペクト。
天国に届いているといいなぁ。



emy0824 at 22:30│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字