April 07, 2007

まっさおな at サンシャイン劇場4

またもやキャラメルボックスをブログライターで見てきました。
5500円がタダだ!

「TRUTH」と同じく山本周五郎をモチーフにした今回の舞台。
いやー、ほんとTRUTH風味でしたね。
詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、山本周五郎だなぁっていう舞台。
はっきり言って、今回は面白かった。
見る価値ありです。

初日に観に行ったのは、長いキャラメルボックスファン暦(多分)15年で初めてです。
初日の半券で当日券が半額になるなんて初めて知りました。
そして、あんなにあわててる加藤さんも初めて・・・じゃないか?

舞台が暗くなり、役者が出てくる・・。
おーーーーい。
ゲネプロかよ!
とつっこみたくなってしまいました。
なんか、こう、空気が違うんですよね。
探り探りの演技。
まだまだ練習、っていう感じの雰囲気。
もう2度と初日には来るまいと誓ったのでした。

が、粟根さんが出てきて、笑いをとって、なんだかやっと役者たちの肩の力も抜けたみたいで、そこからは普通の舞台でした。
粟根さん、最高。
一人でおおはしゃぎ。何がそんなに楽しいのーー!!??
っていうぐらいおおはしゃぎ。そして持っていきすぎ(笑)
さすがです。
あぁ、大好きだ。

あとは、坂口理恵。
この人ってこんなに上手かったっけ?
笑いの後にいきなり泣かされました。
母の愛がひしひしと伝わるすごい演技です。これは必見。

温井は主役としてはすごいがんばってた。
殺陣がさまになってて、相当稽古したんだろうなぁって思いました。
うるさくなく、周りを明るくする、元気な、いやみのない演技で、花丸です。

あ、三浦の声がだっちに似てる(笑)
新人の子は高校生みたいな演技をするので、頑張ってください。
声はいいと思うんだけどなぁ。

音楽はいまいち。TRUTHの時の衝撃はないなぁ。

2階から見てると、ほんと照明がきれいでした。特にラスト。

主役を張ってた人が脇で出てる。
めちゃめちゃ層の厚い劇団です。
ひとつのプロ野球球団をずっと応援していくみたいにできればいいな。
選手が変わっても、監督が変わっても、オーナーが変わってもずっと応援していく母体のようになって欲しい。

終演後のブログライター取材。
成井さん、真柴さん、温井、岡田達也の4人が来てくれました。
いろいろ裏話を聞きました。
岡田達也のズラはオーダーメイドとか。
旅一座の時代考証が大変だったとか。
こういう楽しいことをちゃらっとやってしまうキャラメルはすごいなぁ。



emy0824 at 22:25│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字