December 25, 2009

エンジェル・イヤーズ・ストーリー3

久しぶりにキャラメルを見に行ってきました。
と思ったら7月にも風を継ぐ者を見に行ってたので、5ヶ月ぶりです。

物語としては、頭を打って他人の心の声が聞こえるようになってしまった男が家族との絆を確かめ合うという話で、あ、一言で説明終わっちゃった(笑)。
そんなキャラメルらしいほっこりするクリスマス公演でした。

ストーリー的にはまあ、キャラメルなので文句のつけようはないかな。
心の声をどう表現するかっていうのが、一人二役ならぬ二人一役だったのが面白かったです。
こういう演出つけさせたら成井さんうまいよなー。
1人がセリフ言う横で本音を語る役者がいてっていう、しかもその役者は別の役もやっているから白い衣装(本音役の人が着る)を着たり脱いだりして調節してました。

役者的にはやっぱり大好きだ、西川さん。
菅野さん、太ったな…。
阿部くんかっこいい役だったなー。
ってぐらいでしょうか。

そうそう、当日券半額で3000円で2階席だったんですが、行く途中で成井さんに遭遇。
一階後方席方面に消えて行きました。

あと、今日はクリスマスイブということで、役者の皆さんからキャラメルをプレゼント!
二階の私の席には多田直人くんが来たので、「よかったです〜」って声かけて握手してもらいました。

上演時間2時間。

演劇集団キャラメルボックス2009クリスマスツアー
『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』
脚本 成井豊
演出 成井豊+真柴あずき

東京公演
11月28日(土)〜12月25日(金)サンシャイン劇場
全席指定 6,000円

■CAST
西川浩幸
渡邊安理
大森美紀子
坂口理恵
菅野良一
前田綾
細見大輔
岡内美喜子
三浦剛
筒井俊作
左東広之
阿部丈二
多田直人
小林千恵

以下ネタバレ



忘れないうちに詳細ストーリー。

いつものように主役がストーリーを語るタイプ。
12月24日。
頭と手を怪我した社長の西川が会社にやってくる。
社員は坂口、細見、岡内。
岡内は偉い先生にセクハラされたため殴って鼻を骨折させた上、6日間無断欠勤してたらしい。
西川の怪我の理由が語られる。

12月21日。
岡内を探すため、ライブハウスに行くと西川の息子多田がフォークを歌っていた。
出口で待ち伏せして息子に話を聞こうとするが、相方の左東に怪しまれ、体を投げられてしまい、頭を打つ。
気づいた時は新宿病院。
医者の筒井、看護婦の前田。
妻の大森、母親の小林、多田、娘の渡邊、左東がやってくるが、どれも心の声が聞こえる。

12月22日。
次の日、筒井に声が聞こえると話すが、精神病扱いされてしまう。無視してとりあえず退院。
エレベーターの中で前田に合うと、心の声で話しかけられる。
なんと、前田も心の声が聞こえるらしい。

息子がギターをやっていた、娘が塾で働いていた、二人には頑固おやじ、くそおやじと呼ばれる。嫁姑は上手くいっていない。
今まで上手くいっていると思っていた家族は実はバラバラだったことを知り、ショックを受ける。

とりあえず家に帰り、雑談。
娘の塾が実は倒産していたことを知り、塾に向かう西川。
そこは兄弟経営で、長兄の菅野、中兄の三浦、末子の阿部。
破産寸前だったのに、親戚から金を借りて持ち直したと言われ、疑う西川。
末っ子は聾唖者で、手話で会話をするが、心の声が読める西川は手話なしでも会話ができた。

会社に向かい、ネットで調べてみるとどうやらおととい現金輸送車が襲撃され、6千万が盗まれる事件が発生していた。
この犯人が菅野、三浦ではないかと疑う西川。

家に帰り、息子と話し、明日のライブに行く約束をする。
娘にも話して約束させるが、心は離れたまま。

12月23日。
ライブの日。ライブに行き、3分間聞いただけで心がいっぱいになり出てくる西川。
娘がまだ来てない事に気づき、電話をするが、どうやら塾の様子がおかしい。
塾に向かう。
娘を出してもらい、心の声で話すよう地図を書くフリをして伝えると、どうやら末っ子と一緒に監禁されてたらしい。
すぐに警察を呼ぶことを約束し、塾を出る西川。
しかし、中の様子がおかしい。警察を待たずに中へ突入。
末っ子は「塾をやめる。自首をしろ」と勧めてきたらしい。
自分のために犯罪を犯したのかと自殺しようとする末っ子。
おまえのためなんかじゃない。おまえなんかどうなってもいい!
(やめろ、死ぬんじゃない。届いてくれ。)
って説得する菅野さんの願いむなしく、死のうとする多田。
助けようとして一緒に落ちる西川。

12月24日。
気づいたらまた病院のベッドの上。
どうやら心の声は聞こえなくなったらしい。
家族が集まってくる。一件落着。
多田にも話しに行くが、どうやら娘は失恋したらしい。

最後はクリスマスパーティをしてる、西川家、会社、病院組。で終わり。

めちゃめちゃだけど、こんな感じ。

好きなシーンは菅野さんが説得するシーン。
残念ながら二階に飛び降り窓、その前に多田くん。
お客にお尻向けて上に向かって話しかける菅野さんって構図だったけど、
弟思いなところがよく出てて感動した。
うーん、そんなところかなぁ。



emy0824 at 00:18│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字