July 17, 2010

IQ5000 腹筋善之介一人芝居 「115」(笹塚ファクトリー)

久しぶりに腹筋さんのパワーマイムを見てきました!
彼の一人芝居を観たのは、1996年のファントム以来。
実に14年ぶりです。
さぞ衰えてるところもあるだろうと思いましたが、
彼が出てきて「しゅわ〜」って言いながら手を動かしたとたん、一気に腹筋ワールドに!
全く衰えなど感じさせぬ1時間45分。
惑星ピスタチオ時代のネタも交えた、彼独自のストーリーに惹き込まれました。

もちろん、メインストーリーよりもサブストーリーの方が魅力的で面白くなってしまうのはお約束(笑)
今は亡きピスタチオを懐かしみつつ、腹筋さんのパワーマイムに酔いしれました。


2010/7/16〜2010/7/18
作・演出・出演 腹筋善之介


『115』
養鶏場から逃げ出した唯一のニワトリ115。一緒に逃げそびれた116のことが気になって、廃屋の屋上で鳴くのが日課だった。ある日その廃屋が取 り壊しとなる。慌てる115。仲間のクモやタヌキやハチに相談するも、人間の力にはかなわない。115は決断する。116を救いに行こう。どんな恐ろしい 目に遭おうとも、きっと養鶏場で待っていてくれている116を迎えにいこう。昔、命からがら逃げてきた養鶏場にまた向かう115を、仲間の動物たちはなん とか手助けしようとするが……。腹筋善之介が1時間45分演じ続ける、パワーマイム演劇。こんな芝居はあり得ない!いやここにある!

emy0824 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字