October 10, 2011

劇団たいしゅう小説家Present's「新鮮な新撰組〜嘘か!誠か?〜」(萬劇場)2

たいしゅう小説家と劇団め組のコラボ作品。
いつもの真面目な時代劇とは違って、ひたすらギャグ満載のコメディ。

うーん、やっぱりコメディは難しいなぁというのが感想。
作も演出も役者も、力量がないとしらけるし、内輪受けになるともっと冷静に見てしまう。

ストーリーは架空の人物「新撰組の救護隊 サンスケ」の話。
史実を絡めて上手く作ってあるとは思うんだけど、うーーーむ。
コメディって難しいよね。
キャラメルボックスの時代劇の劣化版を見ているようでした。

チケット: 5.000円( 全席指定 )

劇団め組
新宮乙矢 藤原習作 野村貴浩 八島未来 辻谷奈緒

富田翔  井深克彦   風間由次郎  古川小夏(アップアップガールズ(仮)) ジェームス小野田

作・演出 : 島根さだよし
照明 : 柏倉淳一 
美術 : 福田暢秀 
音響 :TAISHI  
舞台監督 : 松本仁志
メイク : 森麻実 
音楽:小林弌 
宣伝デザイン : 中塚健仁
制作 : 紫音しおり 
プロデューサー : 高橋正行 
制作協力:劇団め組
企画・製作:劇団たいしゅう小説家

↓ネタバレ

このサンスケは、幼いころ両親を侍に殺されて以来血を見るのが苦手で、刀が抜けない。
そのため刀を使わず「治療」で新しい世を作ることを夢見ている。
10年前に別れた弟と再会するも、冷たくあしらわれてしまう。
一方、新撰組には長州からの間者二人が潜り込んでおり、その密談をサンスケが立ち聞きしてしまう。
そのため、妻を殺すと脅され黙ってることを約束させられる。
この二人の間者がお馬鹿で(野村さんと下手な人)、弟が居座ってる遊郭でべらべらしゃべってしまい、弟が立ち聞きすることに。
サンスケはなんとか弟と仲直りをすると、この間者を出し抜いて二人で世直しをしようと弟から提案される。

そこで方法として、坂本竜馬を暗殺することに。
実は刀を抜かないだけで強いサンスケ。
あっさり竜馬暗殺。
そこに長州間者登場。
竜馬を狙ってた原田左乃助と斎藤一登場。
三つ巴になり、長州間者死亡。
弟重症。
その後サンスケの家で弟死亡。

復讐に燃えるサンスケ、伊東甲子太郎暗殺。

と、トンデモストーリーながら史実に倣ってて面白かった部分もあるけど、全てが寒いギャグ仕様でうーん。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



emy0824 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字