映画

January 18, 2011

「冷たい熱帯魚」(ヒューマントラストシネマ渋谷)3

新年一発目、試写会見てきましたー。
ちょっと体調が悪かったけど、頑張って見に行ったのに…怖くて怖くて…・゚・(ノД`;)・゚・
お勧めするにはかなり勇気のいる映画です。
「手加減なしの猛毒エンターテイメント」と煽られている今作、猛毒って猛毒って…、毒と言うより凶器そのものじゃないか〜!と叫びたくなりました。

とりあえずネタバレなしで感想です。
園子温監督の作品を見るのはこれが初。
どんな映画を作っている人なのかも全く知らずに観に行ったのが間違いだったのか…。
始まって十数分で映画館を出たくなりました。
理由は、”明らかに主人公が不幸になる”のが見え見えで居たたまれなくなってしまったから。
もともと私は、ホラーもサスペンスもスプラッタも全然平気だったはずなんですが、年をとったのか、なんかこう、スクリーンから流れてくる”ザラザラ”した質感が気持ち悪くて…、「に、逃げ出したい!」と思ってしまったのです。
(決して面白くないからではない!)

何が気持ち悪いのかと問われれば、答えるのが難しいんですが、一つはでんでんの怪演。
めっちゃ陽気で、親切すぎる、そしてセクハラな感じのおじさんがまた、明らかに裏の顔があるだろーーー!!!って感じで怖かったよ〜。

そして、吹越満の怖じ怖じした感じの中年っぽさ。
あーあんた、絶対だまされてるよ!だまされてるよ!しかも反発できないんじゃね?っていう、なんだろ、逃げ場のない感じ。

もうこの二人のやりとりだけで息が詰まるーー、そして怖いのに目が離せない!!という、恐ろしい映画でした。
転がり落ちていくような展開も目を覆いたくなり、最後がどうなるか、もう不幸しか残ってないんじゃないかと思ってしまうような閉塞感でいっぱいです。
もちろん、スプラッタな場面が盛りだくさん。
血が苦手な人は絶対やめたほうがよいです。
あ、でもグロテスクな場面よりも、家族を含めた複雑な人間模様が異様に怖いです…。

あー、こうやって「怖い怖い」書かれるっていうことは、この映画大成功なんだろうなって思うと不本意で仕方がない(笑)
「是か非か」と問われれば、明らかに「是」でしょう。
なんだか中毒性のある映画だと思いました。くぅー。


監督・脚本: 園子温
脚本: 高橋ヨシキ

キャスト

吹越満
でんでん
黒沢あすか
神楽坂恵
梶原ひかり

製作国:2010年日本映画
配給:日活

↓以下、ネタバレ。
続きを読む

emy0824 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 10, 2010

「渇き」(一ツ橋ホール)3

試写会見てきました。

えーーっと。
「オールド・ボーイ」など復讐三部作のパク・チャヌク監督の作品なんですが、そんなどシリアスな映画を期待して見に行くと驚くことになるかも。
なんていうか…コメディ?
途中から(いやむしろはじめっからだったか?)、「ここは笑うところだよね?」っていうシーンが続出(笑)
肩の力を抜いて、思うがままに見たら楽しめると思います。

ストーリーは、ワクチン被験者になった神父サンヒョン(ソン・ガンホ)が、輸血された血液のせいで吸血鬼になってしまうお話です。
幼馴染の妻と恋に落ちるが、…っていう。

いやー、いろいろすごいわ(笑)
ほんっと途中からどう構えて見るべきなのか戸惑いました。
予告を見たときに、シリアスシーンに「あ、面白そう」って思った次の瞬間、「バンパイア」の文字が出て「???」って感じだったんですが、本編はそれを軽く越えていきます。
映画のテーマは欲望と罪の意識。
ソン・ガンホは神父でありながら、バンパイアになってしまい人間の血を欲する、そして人妻を愛してしまうことに苦悩する役を熱演してました。
初めのシーンの顔の丸さとバンパイアになってからの顔の大きさが違うことにびっくり。減量したんですねー。
そして、キム・オクビン。
初めは冴えない感じだったのに、どんどんと綺麗に魅力的になっていく彼女に目が釘付けでした。
ベッドシーンも体当たりで演じ、ラストシーンに向けての感情の変化が素晴らしかった。
それから、キム・オクビンの義母役キム・ヘスク。
怖かったー。
目だけで演技をするシーンがあるんですが、ほんっと目って雄弁に語るんですね。
何を考えてるのか、分かるようで全ては分からず。
なんだろう、怪演って言葉がぴったりでした。

血がいっぱい出てきます。
苦手な人は避けたほうがいいかも。
傷口からドクドクいっぱい出ます。シーンもいっぱい。
それから、エロイ!
ソン・ガンホがキム・オクビンのおっぱいに頬ずりしてたり、ソン・ガンホの局部がふっつーにぶらんぶらん出てたりします。
あれ、モザイクかけなくていいのかな…。韓国ってすごいな。
っていうか、出してもいいよっていうソン・ガンホもすごい。

いろいろな意味で衝撃的な作品でした。

 

キャスト:ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ヘスク

原題:Bak-Jwi
監督:パク・チャヌク
製作国:2009年韓国・アメリカ合作映画
上映時間:2時間13分
配給:ファントム・フィルム

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 19, 2010

ボーイズ・オン・ザ・ラン (渋谷シネセゾン)4

試写会行って来ました。

原作が好きだったので、喜んで行って来ました!
原作好きな人にも裏切らない作品になってます。オススメ!
もちろん原作知らない人でも楽しめるはず。

ちょっと年とっちゃったけど(29歳)、それでもがむしゃらに頑張る青春ストーリーです。

主演は銀杏BOYSの峯田和伸。
なんかあっちこっちで見かけた気がするけど、演技をちゃんと見るのはこれが初めてでした。
けどすっごい良かった!
冴えないけど、優しくてひたむきな田西くんを熱演してました。
脇も豪華で、社長役のリリーフランキーもいい味出してたし、小林薫も飄々としてながらも世間を知ってる優しい人を醸し出してました。

多分女の子よりも、男の子が見ると共感を得るんじゃないかな。
くすぶってる人にぜひ見て欲しい。

監督・脚本:三浦大輔
主題歌:銀杏BOYZ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
製作:ボーイズ・オン・ザ・ラン製作委員会
制作プロダクション:モンスター・ウルトラ
配給:ファントム・フィルム

出演
峯田和伸 - 田西敏行
黒川芽以 - 植村ちはる
YOU - しほ
小林薫 - 鈴木
松田龍平 - 青山貴博
リリー・フランキー - 斎田産業社長
でんでん
尾上寛之
渋川清彦
米村亮太朗
大谷英子
遠藤雄弥

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 11, 2010

サヨナライツカ(一ツ橋ホール)2

久しぶりに試写会に行ってきました。

えー、辻さん好きならおすすめ…ですが、そうじゃなければ行かない方が…。
嵐のau小説でもふんだんに発揮されてた、辻さんの中二病爆発映画です。
全く感動できず、主要登場人物の誰にも共感できず、
でも最後まで飽きることなく見てしまったというある意味すごい映画でした。
監督はいいんですけどね、きっと原作がだめなんでしょうねー。
私には辻さんは合わないっていうのがはっきり分かりました…。

舞台は、1975年のバンコク。
航空会社で働く豊(西島秀俊)は、婚約者の光子(石田ゆり子)を日本に残し、バンコクに3ヶ月間赴任する。そこで、ひとり自由気ままに暮らす沓子(中山)に出会う。激しく惹かれ合う2人だったが…。
25年後、二人は運命的な再会をする。

ってね、はっきり言って不倫話です。
うーーーーん。どこに共感すればよいのか全く。
ただ、監督は「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン。
さすがに幸せそうなカップルを描くのは上手いです。
そしてラストを盛り上げる盛り上げる。(私は感動しなかったけど…。)
役者はみんな上手かったですね。
久しぶりに見たミポリンは相変わらずきれいだったし、惜しみなく裸体を披露してて体当たりな役柄でした。
個人的には豊の友人役のマギーが好き。
一番人間臭くて、共感できた役でした。

監督:イ・ジェハン
製作:シム・ジェソプ、ファン・ヨンサン
製作総指揮:キャサリン・キム
原作:辻仁成
脚本:イ・ジェハン、イ・シノ、イ・マニ
撮影:キム・チョンソク
美術:チェ・ギホ
編集:チェ・ミニョン
音楽:ソ・ジェヒョク
製作国:2009年韓国映画
上映時間:2時間14分
配給:アスミック・エース

出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー、
    スパコン・ギッスワーン、川島なお美、松原智恵子、
    須永慶、日高光啓、西島隆弘

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 21:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 29, 2007

大帝の剣 at 渋谷TOEI1

大帝の剣見てきました。

小演劇好きの私としては、宮藤官九郎、大倉孝二が出ているっていうだけで、うわー楽しそうと思ってました。

が、激しくつまらーーーん。
イントロのクレジットまででお腹いっぱい。
もう充分でございます。

原作を読んだ方がおもしろいだろうなぁ。

この監督、映画分かってるんだろうか。

役者さんたちがかわいそうだ。

などなどを思いながら、とりあえず最後まで見ましたが、B級どころかC級。
鑑賞後、「くだらなかったね〜」って笑えるかと思っていたが、何も言葉が出ず。
でたのはあくびのみ。

唯一黒木メイサのかっこよさはよかった。
あと、大倉孝二のボケぶり。まぁ、いつものことか。
犬山イヌコを発見できたのはうれしかったな。



emy0824 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 24, 2006

男を変える恋愛講座 at エバー航空機内3

台湾から東京に帰ってくる機内で見ました。
日本公開は今年の秋だそうで、こういう公開前の作品が見られちゃうところが機内映画のいいところですね。

原題は「Failure to Launch」。
なぜにコレが恋愛講座になるのやら・・。
似たような邦題ばっかりな気がする。

恋愛講座

主演は「Sex and the City」のサラ・ジェシカ・パーカー。
結構好きな女優さん。
相手役はマシュー・マコノヒー。
全米で最もセクシーな男に選ばれたそうです。へー。

親と同居するダメ男と付き合って、家から独立させることを商売としているポーラと、そんなダメ男の恋愛物語です。
そしてポーラがダメ男トリップを好きになってしまうという、典型的なラブコメディです。

ふつーうのアメリカンコメディ。
期待以上でも以下でもない。
そこそこ笑えて、ほんのり泣けて。
そんな感じです。

お気に入りはポーラの同居友達のキッズ(だっけ?)。
クールで変てこな女の子をキュートに演じています。
ちょっとベッキーに似てる。
ズーイー・デシャネルって女優さん。
調べてみたらほんとは金髪なのね。今回は黒髪でかわいかったー。



emy0824 at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

リトルランナー at エバー航空機内

台湾に行く飛行機の中で見てきました。
見たいなぁって思ってた作品です。

カナダ作品。原題は「SAINT RALPH」
日本公開は今年の3月4日です。

昏睡状態の母が助かるには奇跡が起こるしかないと聞かされた少年が、奇跡を起こすためにボストンマラソンに挑戦する話です。
そして、初めは馬鹿にしていた周りの人々もだんだんと変わっていきます。

ちょっとエッチで不真面目な少年が母の病気をきっかけに、自分を信じてひたむきにマラソンに挑戦してく姿には心を動かされます。
機内なのに泣いてしまいました。
ちなみに友達も泣いてました。

このひたむきな主人公のラルフを演じているのはアダム・ブッチャー。
なんと映画初出演だそうです。
クスリと笑わせる演技や、病気の母に話しかける演技、そしてひたむきに走る姿、まさか初出演とは・・。
まさに天性の演技者です。これからが楽しみだ。

ちょっとネタバレ↓

続きを読む

emy0824 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2006

子ぎつねヘレン at 丸の内ピカデリー4

どうも。
全然更新してなくてすいません。

最近、mixiはじめてみました。
そちらの方で見かけたら仲良くしてやってください。

さてさて、昨日から公開の「子ぎつねヘレン」を見てきました。

目も見えない耳も聞こえないまるでヘレンケラーのような子ぎつねヘレンと、そのきつねと自分を重ね合わせて、育てようとする子供のお話です。

期待通りの出来でした。
もともと、動物ものには弱いので、ヘレンと子供のかわいらしさにやられて大泣きして帰ってきました。
出演者は大沢たかお、松雪泰子、小林涼子、藤村俊二、阿部サダヲなどです。

大沢たかお、松雪泰子は言うことなしですねー。
大沢たかおの娘役の小林涼子は初めて見たのですが、飄々とした演技が誰かに似てる。顔は分かるけど、名前が思い出せないー。
でも、結構好きな部類です。
阿部サダヲが木更津キャッツと同じような警官をやっているのはちょっと笑ってしまいました。

子供ときつねの成長する姿、そしてそれを見て成長していく大人たち。
温かい雰囲気にやられたい方は必見です。



emy0824 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 25, 2006

単騎、千里を走る at イイノホール3

1月22日

単騎、千里を走る」の試写会を見てきました。
この映画は日中合作で、『HERO』『LOVERS』などで知られるチャン・イーモウが監督、主演は高倉健です。
この二人は15年前から知り合いで、監督の「いつか健さんの映画がとりたい」という願いが実現した熱い思いの映画になります。単騎千里

ストーリーはそんな二人を反映してか、親子愛を初めとした人と人とのつながりをテーマにしたものになっています。
田舎で漁師をしている主人公(高倉健)は、長年不仲になっていた息子(中井貴一)の命が短いことを息子の嫁(寺島しのぶ)から教えられます。そこで彼は、息子の夢だった中国の仮面劇、「単騎、千里を走る」をビデオに撮るために中国へと向かいます。
そこで出会った心優しい通訳さんや、中国奥地で暮らす人々と育まれていく温かい友情を描かれた作品です。

これを見てまず思ったのは、中国の奥地の素晴らしさです。
中国の歴史を感じさせる建物が連なり、それが雄大な山々と澄み渡った青空と見事に融合していて、心が洗われます。
そして、そんな素晴らしい所に住んでいる人々もまた素晴らしい。
たった一人の旅人のために町中の人たちがテーブルを長くして一緒に食事をし、「友達」と呼んでくれます。
まるで長年の知己のように接してくれる彼らは、今の日本人にはない温かさにあふれていました。
いいなぁ、こういうところに一回旅行に行ってみたいなぁ。

高倉健と中国の小さな友人との友情も素敵でした。
お互い言葉が通じない中、ちょっとした事件を乗り越えて仲良くなっていく様子は、仲良くなるのに言葉も年齢も関係ないんだなぁって思わせてくれます。
特に別れのシーンには泣かされました。
この子には一回も会ったことのないお父さんがいて、それが高倉健親子との対比になっています。
この映画のラストには、刑務所でそのお父さんの息子への愛が溢れるシーンがあるのですが、会場からすすり泣きが聞こえてきたほど感動的でした。

実は、私にはどうしても主人公の行動が府に落ちないところがあって、イマイチ共感できないところがあったのですが、興味を持たれた方は見に行って見てください

↓ネタバレ。

続きを読む

emy0824 at 23:39|PermalinkComments(3)TrackBack(5)

January 21, 2006

博士の愛した数式 at 有楽町朝日ホール4

1月17日(火)

プレミア試写会に行ってきました。
プレミアというからには、出演者の方々からの挨拶もあるってことで、寺尾聰、深津絵里、子役の斉藤隆成くん、監督の小泉堯史が来てました。
あいにく挨拶が終わるぎりぎりに会場に入ったため、話も聞けず、座った席が舞台から遠くて顔もあんまり見えませんでした
まぁ、雰囲気を楽しんだってことで。

このお話は同名の小説を元にしたお話で、本屋さん大賞の1位に輝いた作品です。
そんな賞があったとは知らなかったんですが、本屋さんが選んだだけあって、心温まるお話です。
CMで見かけた方もいらっしゃると思うんですが、主人公は数学の博士。昔の事故で記憶障害があって、80分しか記憶が持ちません。
普段脳神経を勉強しているので、結構興味深いなーって思ったのですが、脳の海馬という部位が障害を持つと記憶の蓄積ができなくなるため、こういう症状が起こるようです。
蓄積ができないだけなので、その事故以前のことはよく覚えていて、つまり、その人にとっては常に事故にあう前を生きていることになります。

こういう記憶ものって、結構私弱いんですよねー。
昨年の「消しゴム」でも号泣嗚咽しましたが、今回もぽろぽろ泣きました。
自分に子供がいたら、ぜひ一緒に見たい作品です。
博士から見た世界がきらきら輝いていて、こういうふうに日常を感じることができたらきっと毎日楽しいだろうなぁって思いました。
何気なく暮らしてた毎日が今までとちょっと違う風に見えること間違いなしです!

ぜひ見に行って見てください。

そうそう、口コミ応援サポーターに登録してみました(笑)
こちらから映画のムービーを見てみてください!
いっぱい口コミするとDVDに名前が載るらしい

http://ip01.crossmarc.jp/xm42/View.aspx?v=QIVDoLMkyXEEKLxg0s5haadPgDBU6G9Rzu3p2PT3ZcrgniJ2epN6FwMU5qRmoIpy

↓ネタバレ

続きを読む

emy0824 at 17:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)